ポスト検索

 

Logicool MX ERGO

トラックボールの大本命。金額が金額なだけに迷ったんだけど、これはひとつの到達点だろうなぁということでELECOMと交代。
製品としての質感は圧倒的にこっちが上。誤操作も減ったし、細かな作業も苦じゃなくなりました。
難点といえば、ボールタッチが人差し指から親指に変わったギャップが想像以上に激しかったことくらいだけど、それも一日も使えば慣れてしまいました。

[Amazon]

SIGMA Contemporary 30mm F1.4 DC DN

フィルムがあまりに楽しすぎて一時はデジタル要らないんじゃないかとさえ思ってましたが、子供が生まれてからというものOM-Dの出番が圧倒的に増えました。

換算60mmは、個人的には少し遠く感じる換算50mm以上に使える画角です。
SIGMAの30mmはf2.8から愛用してますが、f1.4が出てからはこれ一本でほんとに事足りてしまいます。
ARTラインではないのが不思議だけど、それが逆にデザイン的にも金額的にも幸いしてるんじゃないかな。

[Amazon]

FUJIFILM / SQ10

これも使い方を再定義する良いカメラ。機能やスペックの加減算バランスが気持ちいい。アイコニックなデザインも時流に柔軟な寄せ方で、好感が持てます。

[Amazon]

DJI / Spark

お手頃ドローンというよりは、カメラの再発明と評した方が適切かもしれない。

ユーザーのニーズはスペックから表現方法へと移行しつつある。DJIの足し算引き算は、そういう時勢の変化をとてもうまく読み解いている。
Sparkはキャズムを超えて、きっとたくさんのひとに翼を与えてくれることだろう。

横並びになる前に、自分らしい使い方を見つけたい。

[Official]

ZHIYUN / Smooth Q

スマホのカメラが実用レベルに到達した今、動画系に投資するならカメラ本体よりジンバルです。
圧倒的なコストパフォーマンスで現状3軸のベストバイ。文句なしでした。

[Amazon]

BitFerrous / BFKB109UP1

静かなオフィスワークで使えるキーボードを探してたんですが、最近じゃ外付けのキーボードってあまり需要ないんですかね?見るからに騒々しい海外製のメカニカルが氾濫してる以外は、思ったほど選択肢がなくて焦りました。
紆余曲折を経てしまいましたが、メーカーの良心がうかがえる逸品にめぐり逢えました。

メンブレン式でありながらメカニカルのような構造でガタの少ないストレートな打鍵感。さらっとした手触りで変形やたわみのない丁寧に作られた筐体は、打ち心地をさらに向上させています。日本語やかな表記を徹底的に排したシンプルで美しい刻印も個人的には高ポイント。この品質にして価格が5,000円前後と、メカニカルの高級機に比べてコストパフォーマンスの高さも圧倒的です。

[Amazon]

ELECOM / M-DT2DRBK

最近、ちょっとの出費で解消できるストレスは積極的につぶすようにしています。
長らくMicrosoftのエルゴノミックマウス派でしたが、それでも手首と肘に違和感を感じるようになってきたので、思い切ってトラックボールに変えてみました。

慣れるまで時間がかかるんだろうなと思ってましたが、macのトラックパッドに慣れていたおかげか、ほとんど苦労なく使えています。違和感ももちろんすっきり解消されました。

[Amazon]

Especia / WIZARD

とうとう終わってしまった。

何が正解だったんだろう。どうすれば成功と言えたんだろう。もうこんな音源で勝負するアーティストは出て来ないんじゃないかって気さえする。とにかくやりきれない思いにさせられる、最後の名盤になりました。

[iTunes] [Amazon]

w-inds. / INVISIBLE

音楽的に成熟感のあるw-inds.の新作はやっぱり良かった。
トロピカルハウスとかアダルトなエレクトロがベースにはなってるんだけど、このプレイリスト時代にアルバム通しで聴かせるバランス感覚はやっぱり勉強の賜物なんだろうな。

[iTunes] [Amazon]

LET IT DIE

やっぱりグラスホッパー狂ってて大好き。

国内100組のバンドが参加しているという音楽も、良曲との出会いが多くて痺れっぱなしです。

[Official] [PSstore] [Amazon]